社員紹介インタビュー

後藤 遼真

ダイレクトチャネル事業部
マネージャー
後藤 遼真

入社のきっかけを教えてください。

就職活動の際に、将来は”人に何かを教える仕事をしたい”と思っていました。そして就職活動支援の会社の担当と頻繁に面談をして紹介していただいたのが、ソニアキューブ株式会社でした。ホームページなどを見てみると「オペレーターを管理し、業績の達成を目指すマネージャー」とあり、今の自分がやりたい仕事と近かったため面接を受けたのを憶えています。 そして、面接で社長がまだまだ事業を拡大していく会社への強い気持ちや、社員や従業員に対する思いやりなどを直接肌で感じることができたため、私もこの会社で一緒に成長していきたいと考え入社することを決めました。

木村啓子

現在の業務内容を教えてください。

現在は部署ごとに複数の企画を同時進行させており、各企画毎に担当のオペレーターを決めてその日に架けるリストを振っております。日によってとある企画を集中して架けてほしい場合は、オペレーターに目立つようにして掲示をしています。そしてオペレーターが全員帰社したら、その日架けたデータを確認してリストを精査。その後は翌日架けるリストも作成をしたり、その日の獲得したデータを取引先にメールで連携することもあります。

お仕事のやりがいや、楽しいと思う瞬間を教えてください。

入社してから、いきなり管理者の業務ができ、取引先との窓口となって仕事ができることがやりがいの一つです。現在の部署は、多くの企画を担当且つ多くの取引先とのやり取りがあります。他の部署よりも多くの仕事の連携を行わなければいけないため大変ですが、成果を出して取引先に喜んでもらえた時は大きなやりがいを感じます。

木村啓子

ブースの雰囲気について教えてください。

ブースの雰囲気を一文字で表すなら「熱」でしょうか。 目標に向けて「必ず達成する!」といった強い意志を持った方が多いブースです。 各人、「どうすれば数字が上がるか」「どこを直せばもっと取れるのか」を トライアルアンドエラーを繰り返し実施して業務に励んでおります。 また休憩中などもみんなで談笑しており、いい意味で楽しく仕事ができております。 互いにフォローしあって仕事ができていることもブース全体が明るい雰囲気になる要因と考えています。

オペレーターさんに伝えたいこと、また、オペレーターさんの様子について教えてください。

オペレーターさんには、ただただ感謝しかありません。 何よりもソニアの財産であるオペレーターさんがいるからこそ今の仕事が成り立っているので、 誰一人と欠けてはいけない大切な宝物です。 オペレーターさん達の様子ですが、成約になった時はみんなで「おめでとう!!」と励ましあったり、誰かが不安そうな状況の時はみんなで解決に向けてアドバイスや声がけをしているので、 個人ではなく団体での意識をもって協力をしてくれていい様子が窺えます。

求職者へのメッセージやアドバイスがあればお願いします。

この仕事は【話す場】が多くあり仕事をしている中で、オペレーターとのコミュニケーションを取ることが重要です。ですので、人に教えることが好きな人はぜひ入社してほしいと思います。 保険は難しく私自身まだまだ未熟で勉強しなければなりませんが、働きながら少しずつ覚えていけば問題ございません。少しでも興味のある方は入社して一緒に切磋琢磨していきましょう!

木村啓子
PAGE TOP